和歌山相続税申告相談の報酬

夫婦間における居住用不動産の特別控除

夫婦間の間で居住用の不動産を贈与した時の配偶者控除

婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産または居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。

特例の適用を受けるための要件

夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと

配偶者から贈与された財産が居住用不動産であることまたは居住用不動産を取得するための金銭であること

贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した居住用不動産または贈与を受けた金銭で取得した居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおりその後も引き続き住む見込みであること。

 

(注1)「居住用不動産」とは、専ら居住の用に供する土地もしくは土地の上に存する権利または家屋で国内にあるものをいい配偶者控除は同じ配偶者からの贈与については一生に一度しか適用を受けることができません

 

辻内税理士事務所
相続税申告は辻内税理士報酬料金

和歌山 相続税申告 辻内税理士報酬料金

〒642-0022
和歌山県海南市大野中586-3

【営業日】平日 9:00~18:00
【電車】JR海南駅より徒歩15分
【バス】大野中バス停前
【車両】海南東インター下車1分

【TEL】 073-482-4511
【FAX】 073-482-4511
【Mail】office@tax-accountant.info

 

和歌山県の訪問対応地域は】
和歌山市・海南市・有田市・紀の川市・岩出市・御坊市・田辺市・紀美野町・湯浅町・有田川町・野上町・美里町・下津町・貴志川町・吉備町・広川町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA